ケガに対する応急処置

こんにちは、柔道整復師の田中です(^O^)/

 

今日の天気は、中々晴れない天気ですね…予報では午後辺りから晴れだったのですが…

予報なので仕方ないですけど(・_・;)

 

 

皆さんは、ケガをしたときどうされていますか?

来院される方に聞いてみると多いのが、

 

・何もしない

・温める(お風呂につかる)

 

等が結構いらっしゃいます。

確かに、痛みを緩和する方法として、温熱はいいのですが…(・_・;)

 

スポーツの現場においては、痛めたらすぐにRICE処置とよばれる応急処置をします。

RICEと聞くと、お米をイメージする方もいらっしゃると思いますが、これは

 

R(est)・・・・・・・・・・安静(あまり動かさずに休むこと)

I(ce)・・・・・・・・・・・・冷却(痛めたところを氷等で冷やす)

C(ompression)・・・圧迫(痛めたところを抑える事により、後で痛みが緩和しやすい)

E(levation)・・・・・・挙上(心臓より高い位置にすることで血液の流れをコントロールする)

 

の頭文字を並べて、RICEと呼んでいます。

4-1-3large

この処置は日常生活でも有効ですので、是非してほしいです。

ただ、圧迫するのが痛くて出来ない、挙げようにも挙げれる場所じゃない等があると思います。

本当はこの4つはした方が、痛みが落ち着きやすく、早期軽快になりやすいのですが、アイシング(冷却)だけでも結構痛みが落ち着き易いので

是非されて頂きたいです(*^_^*)

 

やり方等が判らない方は、是非来院されてください。

スタッフが一つ一つ丁寧に説明していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です