学生さんの夏休みの後で気づくケガ(;^ω^)

こんにちは、柔道整復師・鍼灸師の田中潤です(^^)/

夕方は涼しくなってきた気がしますが、昼間の暑さは本当に変わらないですね(+_+)

皆さん体調管理には気をつけて下さいね(*’ω’*)また高校で体育祭があるという学生・保護者様は熱中症対策を怠らないようにお願いいたします。(睡眠は対策の中で重要な部分になります。寝不足は厳禁です(ΦωΦ))

今日は学生、特に中学生・高校生の方々で夏休みの間で部活漬けになっていた方に多いケガを書いていきます。

小学生から中学生、中学生から高校生に上がると運動量が一気に増え、筋肉・骨の成長を促していきます(*’ω’*)

ただ、運動量が増えるということは今までの体で耐えれる運動量を超えることが多く、「疲労骨折」や運動で使っている関節の周囲で「炎症」を起こしてケガをすることが増えやすいという時期でもあります。(自分も小学生から中学生に上がった時の夏休みに脛骨(足のすね)に「骨膜炎」を起こしました(;^ω^))

疲労骨折というのは、同じ場所に繰り返し小さい負担が掛かることで骨に少しずつダメージが蓄積して発症してしまうものです。特に筋肉が固いと負担が骨に掛かりやすくなりますので、ケガしやすくなります(-_-;)

また、運動量だけでなく、体形や姿勢などでも「疲労骨折」や「関節周囲の炎症」なども発症しやすくなります。さらに中学生・高校生は成長期です。骨がまだしっかりと出来ていない時期でもありますので、どうしてもケガが増えてしまうのです。

ケガの予防としては、成長期の運動量のコントロール、運動後のストレッチ、バランスのいい食事、睡眠をしっかりとる(遅寝遅起きは厳禁、早寝早起きがベスト)が挙げられます。(ストレッチの一例

など)

筋肉をしっかり伸ばせば柔軟性が出てきてケガしにくくなりますし、早寝早起きは成長ホルモンの効果が出やすくおススメです(^^)/(成長ホルモンが出ると筋肉・骨の回復、成長に繋がります。)

ケガをした際は早めに治療しましょう!ケガは早めに治療するのと我慢してから治療するのでは治る期間が変わります。痛みを感じたら早めに医療機関への受診をおススメします。

また疲労骨折などのケガの場合、インディバ治療をおススメしています(^^)/骨も細胞なので、細胞から活性化させて回復させるインディバ治療で痛みの改善に繋がります。是非お気軽にご相談ください。心よりお待ちしております。

TEL 0120-89-2152

(当院での鍼灸治療、インディバ治療は予約制となっております。上記電話番号 からご相談ください)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です