股関節の痛みにはご注意

こんにちは、柔道整復師・鍼灸師の田中潤です(^^)/

今日も涼しい一日ですね(*’ω’*)気温的には運動がしやすい状態ではありますが、天気はどうなるか微妙な感じですね…(;^ω^)

ただ、8月までの暑さから急に気温が下がっている時間帯もありますので、体調不良や秋バテには気をつけて下さい。また、今週では福岡市内の公立中学校でインフルエンザにより学級閉鎖、山形県でも幼稚園児の集団発生…(;´・ω・)早すぎですね…皆さんも早めではありますが、しっかり対策をとるようにされてください。

 

寂しいニュースがありましたね…ソフトバンクホークスにも在籍されていた杉内俊哉投手(巨人)が今年限りで引退するというニュースがありました。ここ数年はケガと闘いながらということでしたが、身体が限界ということ…( ;∀;)また、G後藤選手(横浜)も引退ということです…これで松坂世代がまた球界から去っていきますね。また、松坂世代は野球選手が多いのですが、日本プロ野球名球会に誰も入れてないらしいです(ΦωΦ)(名球会に入るためには、2000本安打・200勝・250セーブのいずれか必要)

杉内投手の場合、股関節のケガを押してプレーを続行されていたのですが、股関節を痛めると踏ん張ったり、地面を蹴るときの動作で力が抜けたり、痛みが出たり、モーション中に引っ掛かりが起きてスムーズな動きにならずに運動をしないといけなくなるので、ボールを投げるどころか歩くことやイスや床から立ち上がる動作自体にも問題が起きてしまいます。

股関節の障害は、将来的にも問題になりやすいので、動くときにひねったり、動いて痛みを感じたら早めに治療をすることをおススメしています。我慢すれば治るという考えは一番拙いです。痛みを放っておくと体重や力のかけ方が悪くなり他の場所が痛くなる、もしくは捻ってしまう原因になりますので、軽い痛みや違和感を感じたときでも早めに治療を行いましょう!(*’ω’*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です